皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか。
日ごろは、早川けいこの政治活動にご理解ご協力をいただいており
ますことに深く感謝申し上げます。
私は、ニ期八年間、少子高齢北、人ロ減少社会において財政の厳し
い状況の中『何を優先的にすべきか?』を常に考えてきました。
年金や介護の削減が進み、将来に不安を抱えながら生活している方々
の声を、お一人おひとりの声を、自分の目で耳で足で確かめ、ひとつ
ひとつ県へ提言してまいりました。
栃木県議会議員として、女性議員とLて、女性を守ること、命を守
ること、子育て支援や福祉政策、教育環境の整備、農産物のブランド
化に取り組み、実現してまいりました。
即、行動することが私の信条であり、多くの方々との出会いが私の
活力となっています。これからも初心を忘れることなく『現場主義』
を活動の基本とし、努力している者が報われる当たり前の社会を目指
し働かせていただきます。
佐野市は将来、四箇所のイシターチェンジを有する恵まれた交通網、
豊かな自然環境、歴史文北、芸荷など優れた地域資源があります。
このような背景を充分に活用L、国、県、市の行政機関と協調し、
元気な佐野まちづくりに努めてまいります。
何卒、皆さまの力強い変わらぬご支援を心からお願い申し上げます。

                    早川 けいこ