早川けいこ栃木県議会議員


■1956年 新聞記者 早川吉三(元佐野市長1998年没)の次女として生まれる。城東中でソフトボール部(主将)佐野女子高校では登山部、美術部に所属。

■1978年 杉野ドレスメーカー学院を卒業後、服飾デザイナーとして歩む。これより18年間、国会議員(元副総理)のもとで奉仕の精神を学ぶ。

■1990年 全国の障がい者施設にて染色・技術指導する。葛生高校の制服デザイン採用される。女性の社会奉仕団体・足利ベンチャークラブ(3期目会長)国際ソロプチミストにおいて地域社会活動はじめる。

■2004年 6年間イタリアンテキスタイルに専念し、アテネ五輪の文化プログラムでギリシャ政府より招聘され世界遺産にて、『オイディプス王』蜷川幸雄 演出、野村萬斎 主演と共に舞台衣装を手がけ日本伝統文化を総合プロデュースする。その後、海外との文化交流事業に関わりながら父親の病気を機に食育・健康長寿体操を児童福祉会館や高齢者施設等にて指導する。

■2011年 より栃木県議会議員(2期目)、今年度は経済企業委員会、予算特別委員会に所属。 現在、ライオンズクラブ会員として活動する。 性格は正義感が強いが少々せっかち。目下の楽しみは犬と遊ぶこと。特技はネコとの挨拶。血液型はAB型。好きな食べ物は漬物。母親と二人暮らし。